タイトル

腕時計の付け方

最近は誰もが携帯電話を持っているため、腕時計をつけている人の数が減ってきてはいますが、それでも腕時計はアクセサリーやビジネスアイテムとして欠かすことのできないものです。 現在では腕時計は時間を見る役割よりも、アクセサリー的な意味合いが強くなってきています。 そこで、付け方ひとつとってもこだわりがあるという人が多いのではないでしょうか。 例えば多くの人が時計の文字盤を手の甲側に付ける人が多いですが、女性の人などは手のひら側に向ける付け方をしている人が多くいます。 また、男性であっても仕事をしている場所によっては時計が傷つくのを防ぐために、手の甲側を向けてつけているという人もいます。 また、つけている腕も人それぞれで多くの人が利き手と反対につけるのが一般的になっているため、多くの人が左手に付けているという人が多いですよね。 また左利きの人でも時間調整を利用しやすいという理由で、左手に付けている人もいます。 その一方であえて右手につける人などもいて、腕時計の付け方ひとつとっても千差万別ですね。

腕時計はファッションのコーディネートの一部

携帯電話やスマートフォンが普及して老若男女の人たちが一人一台持っているというのは当たり前の時代となりました。私たちがまだ大人になるころの時代は、高校受験の合格祝い・就職祝いなど人生の節目となるときには親や親せきなどの誰かから、万年筆や印鑑などと並んで「腕時計」をお祝いにもらったりしたものです。それが携帯電話・スマートフォンなどの普及とともに、そういった風習がなくなってしまいました。なんか寂しい気もしますがこれが時代の移り変わりなのでしょう。今の時代は、腕時計はファッションの一部となり女性のネックレスやブレスレッドなどと同じような役目を果たしていると思います。洋服とのコーディネートにより腕時計を何個も持っていて合わせる人も珍しくありません。私個人としては、男性の人が時間を気にしながら腕を上げて時計を見る仕草がすきです。どんどん時計をはめてほしいと思います。また、出張が多くよく飛行機に乗る人は時計を持っていると便利だと聞きます。機内では携帯電話などの電源を切っておく必要があるので、なかなか時間の確認ができないそうです。時間が確認できないのも一つのストレスになるので、これも頭の片隅にいれておこうと思います。ただ、いつも時計をはめていない人からすると、腕に何かあるのってすごく邪魔になったりもします。仕事の種類によっても仕事中ははめられない場合もあります。その用途によって使い分ける必要があるのでしょうね。おしゃれを追求し私も一つぐらいちょっと高価な時計を持ちたいものです。

注目サイト

陶器の通販
http://www.utsuwa-yamato.com/
柳内和幸のページ
http://www.lab2.toho-u.ac.jp/sci/biomol/kyanai/
合宿免許 女性
https://www.shinshu-ina.com/

2017/1/19 更新

↑ページ先頭へ